制作者紹介

中島悠輔/なかしま ゆうすけ
昭和54年1月1日生まれ
出身地 鳥取県

アーカイヴジャパン株式会社 代表取締役

自然あふれる少年時代を過ごし、料理の世界に進み、厳しい修行の日々から技術とサービスの精神を学ぶ。
宝飾店へ転職した事がきっかけで、ジュエリー製作の奥深さに魅了される。

ジュエリー、アクセサリーから雑貨、金属製品全般へのレーザー加工を手掛ける中で
『MIMOTOブレスレット』の普及を目指す。

MIMOTOブレスレットはこうして誕生しました

事業開始当初は、フルオーダーのジュエリー、オリジナルアクセサリーの製作やリフォームをメインに行っていました。
製作商品は、全て1点ものであり、私自身も “お客様の特別に関わらせていただける喜び” を感じていました。
そうした中、漠然と『持ち主自らの “しるしが刻まれた” 世界にたった一つの商品』が製作できないかと考える様になりました。

徘徊 丁度同じ頃、祖母が認知症を発症し、はじめて介護高齢者の現実を知りました。徘徊の現状として、1万人を超える行方不明者がいるという事や、家族の苦悩。
そうした事を知れば知るほどに、私が持ち合わせている知識・技術と経験を活かせないだろうか?そんな風に考える日々が続きました。
高齢者の徘徊対策になる、またそのご家族が安心できる、そんな商品が作れないのか?
正直、何からどう手をつければいいかも分からない、そんな時、尊敬する身内が後押ししてくれました。
「思うようにやりなさい!人のためになる事なら」
ここから試行錯誤、七転八倒の日々がはじまりました。完成までは本当に容易ではありませんでした。
デザイン、素材選び、どの様にして情報を示すのか?安心して常に着用できるのか?

そして、医療用サージカルステンレスのプレートに身元情報をレーザー刻印するという答えにたどりつき、MIMOTOブレスレットは誕生致しました。

アーカイヴジャパン株式会社からのメッセージ

MIMOTOブレスレット

あなたが身につける安心は、大切な人への思いやりの証しです。

このMIMOTOブレスレットは、あなただけのものではありません。
これは、あなたの帰りを待つ人のために、あなたに身につけてもらいたい。
MIMOTOブレスレットはその想いを肌身離さず身につける商品です。
もし、あなたが不慮の事態に遭遇し、言葉も出せない…そんな状況の時
きっと、脳裏に浮かぶのは、あなたを待つ人ではないでしょうか?
それは家族かも、恋人かも、また親友かもしれない。
このブレスレットは、あなたの大切な人のために身につけていてほしいのです。
MIMOTOブレスレットの “安心を身につける” とは、あなたからの思いやり(安心)の証しです。
私たちは、製作をさせていただく度に、その『思いやり』が必ず届く事を願いながら、
ひとつひとつ丁寧にメッセージを刻印させていただいております。それが、MIMOTOブレスレットの品質プライドです。

MIMOTOブレスレットが希望の光を灯し、大切な人へと続く道しるべとなりますように。

アーカイヴジャパン株式会社 代表取締役 中島 悠輔

ページトップに戻る