MIMOTOブレスレット誕生秘話『グラウンドゴルフ』

1431482734425~01

グラウンドゴルフの協会運営に携わる方から、プレイヤーが競技中に倒れて救急搬送される事があり、身元所在がすぐ判らなくて困った事があるという話を耳にしたのは、平成26年秋口の事でした。

もともと当方は、オーダージュエリー、アクセサリー一辺倒で、オリジナル商品を開発する事を考えていなかったのですが、以前にも述べた、祖母の認知症症状体験から身元情報にまつわるアイテムが何か創れないかと思っていたタイミングでの何気ない会話でした。

故郷鳥取県が発祥

昭和57年、鳥取県東伯郡泊村(現在は湯梨浜町)でグラウンドゴルフは誕生しました。

泊村では高齢化が進み、村民の健康づくりを重要課題としていましたが、村長を中心に新しい取り組みを始めようとの事で開発されたそうです。ゴルフ場に行かなくても、屋外運動場(グラウンド)でプレーができ、「いつでも」「どこでも」「だれでも」できるスポーツの誕生は、県内外に大反響を巻き起こしました。

高い評価を受け、わすが1年が経過したばかりの昭和58年には各自治体のグラウンド・ゴルフ協会が次々設立され、全国的な組織にまで広がりました。

鳥取県出身者として恥ずかしいですが…初めてグラウンドゴルフについて知るきっかけとなりました。

IMG_20160121_142755

動作に影響しないアイテムを

IMG_20160121_142714

もちろんオフィシャルの大会では、名鑑を首から下げてプレーする事が義務づけられている様ですが、体験教室や練習などの時には、万が一の不安もあるそうです。

そういった現状から、軽くて常時着用でき、プレー中でも影響のないネックレスやブレスレットが製作出来ないかと考える様になりました。

続く…

著者情報

アーカイヴジャパン株式会社-代表取締役 中島祐介-
mimoto
〒701-1221 岡山市北区芳賀5303
岡山リサーチパークインキュベーションセンター(ORIC) 113号
TEL:086-295-9097
FAX:086-295-9098
ページトップに戻る
2016-01-21 | Posted in IDブレスレット, ブログNo Comments »