認知症

認知症初期集中支援チームに学ぶ

 

倉敷市認知症初期集中チーム 構図

お隣の倉敷市で、いわゆる「ケアカフェ」の集いに参加させて頂きました。目的としては、倉敷市の健康長寿課の地域包括ケア推進室の講義を聴きたかった事の他に、行政と医療、介護事業所がどの様に連携し超高齢化社会に備えるべきかという具体的な施策を把握する必要があったからです。

縦割りという垣根を取り払う事が重要

 

ローズマリーの会

デメンシアコングレス聴衆

 

みな日々の業務をこなしながら、良いケアをしたいという想いで繋がっています。医療、行政、介護、様々な事業者が一堂に会しました。

主催はローズマリーの会

https://www.facebook.com/ローズマリーの会-小地域で認知症を支える会-1625879960977972/

代表の岡野さんは薬剤師であり、一人の患者さんに対して、たくさんの人や施設が携わっているのにかかわらず、それぞれの顔を知らない、連携がない事に気づき、会を創設されたとの事です。

 

倉敷市地域包括ケア推進室

 

そして、地域包括ケア推進室。

平成28年度からスタートしたばかりの「認知症初期集中チーム」 国家戦略として、各行政管轄内で官民連携を果たし、ご本人やご家族に寄り添い、自宅での自立生活をベストとし、サポートしていこうという施策です。

今回は、倉敷市の取り組みでしたが、各市町村それぞれの規模、施策、地域性も今後あらわれてくると思います。何がベストな答えかは簡単に示される事ではないけれど、最後は人と人の繋がりが解決してくれるのではないでしょうか。

そしてもっとも大切なことは、ご本人とご家族の気持ち、それに寄り添う地域の温かいサポートだと思いました。

 

2016-04-20 | Posted in ブログ, 活動報告, 認知症No Comments » 

 

祖母の命日1月14日 商品が生まれるきっかけ

今日のこの日は、祖母の命日である。1年前のこの夜、病院からの知らせを受け凍てつく高速道路で実家への帰路を急いだ。共働きの両親に代わり、祖父母と過ごす時間が最も多かった。そして最期まで僕の人生を最も案じてくれていた。最期といっても会話が出来たのは2年半前の事だが…

祖母の介護

祖母は脳委縮性の難病により運動機能を失い寝たきりになった。とはいえ、意識はあったと思う。目や耳は聞こえていたはずだ。60年連れ添った祖父が亡くなってからすぐ認知症状態となり、やがて寝たきりへと移行したのだが、なるべく家で暮らさせてあげたかった。

母は『認知症の人と家族の会』へ入会し少しでも祖母の為にと情報交換をし、全てにおいて後悔の無い様に務めたが、日に日に祖母は感情のコントロールを失ってゆき、徘徊、粗相、自殺願望、何より家族の顔がわからなくなっていった。

それでも、内孫で長男である僕の事は不思議と認識してくれる事が多かったと思う。認知症との診断から、指定難病へと診断が移行し臨床調査対象で入院期間も長かったが、祖母ともっと話がしたかった。

祖母のおかげで、今の自分と事業のきっかけがうまれた。少しでも多くの人助けになったと報告できる様に務めたいと思う。

2016-01-14 | Posted in ブログ, 認知症No Comments »